【通信 / 格安】

【格安sim検討中の方向け】 現役販売員が教える!スマホ / インターネット関係の難しい用語 保存版【0講義目 / スマホ辞書】

こんにちは、おかっちです!

今回は格安SIMに興味のある方や、スマホ / ネット初心者の方向けの用語解説記事です。

元々は

格安SIMに興味はあるけど、ネットの説明を読んでも難しい用語ばかりで意味が分からない!という方のために、スマホやインターネット関係の専門用語の意味を解説したいと思いまとめました。

講義形式で、徐々に理解できるようスモール・ステップで進めていきます。

  • 格安simに興味はあるけど、simロックとかsimフリースマホとかよく分からない!
  • 通信費を安くしたいけど、専門用語が多すぎて分からない!

という方向けの、超基本の用語編です。

そもそもインターネットやケータイの用語が全く分からない方にも参考になればと思いますので、まずは本記事で難しい用語について整理しちゃいましょう!

タップで飛べる目次をご用意しますので、必要なところだけ読んで頂くでもOKです。

それでは、いきましょう!

辞書的な意味ではなく、会話で使う際の意味を記してますのでその点はご了承下さい。より実践的な意味を知ってほしいとの意図からそうしております。

目次

ケータイ・通信関係の用語 (初級編)

まずはケータイや通信会社周りの用語です。

機種/端末

ケータイ電話本体のことです。

ガラケー

折りたたみ式の、昔ながらのケータイ電話のこと。

頑丈さが売り。

スマートフォン/スマホ

平たくて、ボタンがほとんどないケータイ電話です。

ガラケーからスマホに替える人が今は多いです。

Android / iPhone

スマートフォンの種類です。

Googleという会社が作っているのがAndroid。

Appleという会社が作っているのがiPhone。

難しいので、iPhone以外のスマートフォンは全てAndroidと捉えてOKです(厳密には違いますが…)。

AndroidはSONYやSHARP、海外のメーカーなど色んなメーカーが作っています。

月額

毎月にかかる料金。

本体代/機種代/端末代/(端末の)分割金

スマートフォンの代金です。

分割して毎月少しずつ支払っていく方が多いです。

キャリア

ケータイ会社のこと。

大手キャリア/大手ケータイ会社/3社/3キャリア

docomo、au、ソフトバンクのことを指します。

基本的に月額は高め。その代わりに品質も高いといった感じです。

最近はauの安い版のUQモバイルや、ソフトバンクの安い版のワイモバイルなども出てきました。

反対語が「格安」「格安sim」と考えて頂いても結構だと思います。

ギガ/ギガバイト/GB/通信量/データ

スマートフォンでインターネットをする際に、ギガというものを消費します。

例えば「2GBのプラン」というのがあったら、毎月2GB(ギガ)使えますよ、という意味。

この例だと、2GBを超えた場合速度に制限がかかるのが多いです。

今まで1秒で開けたページが、15秒くらいかかる「低速」モードになることがほとんどです。

毎月の通信量が多い人=毎月スマートフォンでインターネットをする量が多い人、という意味ですね。

※注意!インターネットの速度のことも、同じようにGBで表します。

速度1GBの光回線=とても速いインターネット

毎月1GBのプラン=毎月スマートフォンで使えるインターネットの

ですので、よく混同しがちです(ややこしいですよね…)

メガ/メガバイト/MB

1000メガバイト=1ギガバイトです。1000MB=1GB。

5GBのプランと言われたら、=毎月5000MB使える、という意味になります。

カケホ/カケホーダイ/通話定額

スマートフォンでどれだけ電話しても毎月定額料金のこと、及びそのようなプランのことです。

10分カケホ/5分カケホのような類義語もあります。

例えば10分カケホとは、1回の通話が10分以内であれば無料のプランという意味です。

従量制

使った分だけお金がかかるプランのことです。

解約金/違約金 /解除料金

ケータイ会社との契約を止める際にかかるお金です。

更新月

契約を止めても解約金がかからない月のことです。

契約した日によって決まるので、人によって更新月は変わります。

 

インターネット関係の用語 (初級編 その2)

Wi-Fi /ワイファイ

無線でインターネットの電波を飛ばすことを指します。

ちょっと本来の意味とは違いますが「家にWi-Fiある?」とは「あなたの家にインターネットはある?」という意味で使われることも多いです。

無料Wi-Fi/フリーWi-Fi

街中やカフェで無料で飛んでいるインターネットの電波のことです。

スマートフォンをこの無料のWi-Fiに繋げれば、ギガを消費せずにインターネットをすることができます。

大体のスマホにWi-Fiのオンオフのボタンがあり、オンにすれば繋げることができます。

ルーター/Wi-Fiルーター/ワイファイルーター

インターネットの電波を飛ばす機械を指します。

よく電気屋さんで聞かれる「ご自宅にWi-Fi環境はありますか?」とは、「家にインターネット回線を引いていますか?」「おうちでインターネットできますか?」という意味です。

光回線/固定回線/置くだけWi-Fi/置くだけのインターネット

どれもおうちに設置するインターネットのことです。

これを有料で契約すれば、ご自宅で自由にインターネットを楽しむことができます。

スマホをおうちのWi-Fiに繋げば、スマホのギガ(GB)を消費せずにインターネットをすることができます。

ポケットWi-Fi

持ち運びのできるインターネットです。

これだけ聞くと便利そうですが、速度はおうちに引くタイプのインターネット(光回線など)よりもやや遅い傾向にあります。

料金もおうちのインターネットとあまり変わらないことが多いので、利点は持ち運びができること!と覚えましょう。

会社によっては制限も多いです。

格安sim関係の用語 (中級編)

ここまでは初級編です。

Wi-Fiや光回線あたりはややこしかったと思いますが、適宜このページを参考に慣れていって下されば幸いです。

それでは、中級編を!

SIMカード/simカード/SIM/sim/シム/シムカード

スマートフォンの中に入っているチップ(小さいカード)のことです。

ここに自分の電話番号などの情報が記憶されています。

なので、今使っているスマホからSIMカードを抜き出して、他の機種にそれを挿し替えた場合、挿し替えた方の機種に電話やメールが来ます。

格安SIM/格安sim /格安シム

毎月の料金が安いケータイ会社、の意味で使われることがほとんどです。

対義語は大手、大手3社、au、docomo、ソフトバンクと考えても差し障りないと思います。

代表的な格安SIMの会社には

  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • マイネオ
  • IIJmio(あいあいじぇいみお)
  • OCNモバイル
  • NUROモバイル

などがあります。

SIMロック/シムロック/SIMロックスマホ

他社のSIMカードを挿しても、動かない状態の機種(スマホ)のことを指します。

例えば今あなたが使っている機種はこのロックがかかっていることがほとんどで、いきなり契約を格安SIMに乗り換えても動かないのでご注意を。

 

SIMロック解除

上記のロックがかかった状態を解除することです。

これにより、その機種は「SIMフリースマホ」となります。

ロックの解除は、その機種を買った会社のウェブページで無料で行うことが可能です(My docomo,My auなど)。

また、docomoやauのショップ(路面店)にて有料で解除することもできます。相場は3000円くらい。

SIMフリースマホ/SIMフリー

SIMロックがかかっていない機種(スマホ)のこと。

及び、SIMロックを解除した機種(スマホ)のことを指します。

MNP/乗り換え

今のケータイ会社の契約を、他のケータイ会社に変えることです。

電話番号はそのまま同じものを使えます。

モバイル・ナンバー・ポータビリティの略がMNP。

MNP予約番号/予約番号

今のケータイ会社から他の会社に乗り換える際に必要な、パスワードのような数字です。

今契約している会社に電話をすれば、無料で発行してもらえます。

有効期限は15日の会社がほとんど。

その間に乗り換えをしなかった場合は、今の会社との契約を継続となります。

電話番号そのまま格安SIMに乗り換える場合に、必ず必要となるものです。

通話SIM

電話番号があって、通話ができるSIMカードやプランのことを指します。

データSIM

電話番号はあったり無かったり。

とにかく通話はできないSIMカードやプランのことと覚えてOKです。

タブレットのように電話ができない機種には、データSIMを契約することがほとんどですね。

総合 (上級編)

ランニングコスト/ランコス

毎月かかる料金や費用のこと。

月額、と同じ意味。

ランコス差

毎月かかる料金の差です。

例えば

◯◯というケータイ会社から、△△という会社に乗り換えたら、毎月のランコス差が3000円も変わる!

のように使われます。

お得になる金額差、と捉えてもいいかもしれません。

 

事務手数料/手数料/契約事務手数料

ケータイ会社と契約したり、何かしらの手続きをする際にかかるお金です。

相場は3000円+税。

やたらと手数料を取る会社には注意。

頭金

主にケータイショップや、一部の電気屋さんで取られるお金です。

頭金という名目で、10000円くらい余分に手数料を取る悪徳ショップにはご注意下さい。

キャッシュバック

新規で契約すると受け取れる特典、を指すのがほとんど。

ケータイの乗り換えキャッシュバックは法規制がかかったので、今はどのお店で買っても大差ありません。

買い周り/買い回り

色んなお店やオンラインストアを回って、1番安いお店を探すこと。

最近は特典が弱くなったので、買い周りは労力の割にあまりお得になりません。

3G/4G/5G

電波の種類のこと。

数字が大きくなるほど速く、安定して繋がる。という認識でOK。

ブラックチェリー

iPhoneやAndroid以外のスマートフォンです。

現状、知らなくてOKです。

ピュアAndroid

中身も外見もGoogleが作っているAndroidスマートフォンのことです。

通ぶった言い方。

気をつけるべき販売員のトーク集 (番外編 おまけ)

「初月加入が必須のオプションなんです」

90%以上が嘘です。

「業務停止になる言い方ですよね?」と返せばOK。

「あとから無料で外せるので…」

本当ですが、面倒なのでそもそも不要なオプションサービスには加入しないように。

「要らないです」でOK。

「元同業者です」

上記のような押し売りをされ難くなる言葉です。

「無料で使える◯◯なんです!」「タダで持って帰れるんです!」

大体が嘘。

適宜、加筆修正していきます。次回は第1講!

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

辞書的には間違っているけど、現場で使われている意味で用語を解説してきました。

ここにある単語を覚えてしまえば、インターネットやスマートフォンの説明を聞いても、7割は理解できるはずです。

適宜加筆修正していくので、辞書的にお使い下さい。

次回の第1講以降は、具体的におすすめな格安SIMを紹介していきます!

今後も、おかブログを是非よろしくお願い致します!それでは!

 

 

-【通信 / 格安】

Copyright© おかログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.