【通信 / 格安】

ケータイ3キャリア新料金プラン比較 ahamo povo SoftBank on LINEはおすすめか【楽天/docomo/au/ソフトバンク】

こんにちは、おかっちです。

ついにdocomo、au、SoftBankの新料金プランが出揃いましたね。

厳密にはサブブランドに近い新しいレーベル?のようなものとされていますが、実質3社の新料金プランと考えてOKでしょう。

今回はdocomoのahamo、auのpovo、SoftBankのSoftBank on LINEの3つのプラン(ブランド)を、楽天モバイルも交えながら解説・比較していきます。

 

こんな方におすすめ

  • 新しいプランが増えすぎてよく分からないという方
  • 結局どのプランが良いのか分からない方
  • そもそも新しいプランが発表されたのをご存知ない方
  • 4社のプランを比較したい方

 

始めに結論

個人的なおすすめは、通話を少しはするという方にはLINEでギガを消費しないSoftBank on LINE。

通話を全くしない方は最安のpovo。

海沿いや山がある地域にお住まいで電波の良さだけは譲れない!という方はahamo。

楽天は様子見でOK

ahamo、SoftBank on LINE、povo、楽天の概要・メリットデメリット

基本的な部分について表にしてみました。

ahamo SoftBank on LINE povo 楽天モバイル
料金(月額) 2980円(税抜き) 2980円 2480円 2980円
データ量(パケット) 20GB 20GB 20GB 楽天回線エリア→無制限

パートナーエリア→5GB

通話プラン 5分かけ放題
(毎回の通話始めの5分無料)
5分かけ放題 なし。30秒20円。

5分かけ放題はプラス500円

楽天のアプリを使えば24時間かけ放題。

使わない場合30秒20円

キャリアメール なし なし なし なし
※既存プランとの家族割 なし(※ただし家族割りのカウント対象にはなる なし(未定) なし(未定) なし
超過後のデータ通信速度

(速度制限時の通信速度)

1Mbps 1Mbps 1Mbps 1Mbps
その他 docomoの通常プランからahamoに電話をかける際は家族割り(無料通話)が反映されるが、ahamoからかける場合は5分かけ放題(家族間通話無料とはならない) LINE通話・トークでデータ量を消費しない

(カウントフリー)

その他トッピング(オプションのようなもの)有り。

こんな感じ。全社とも5Gにも対応すると表明しています。また、受付はオンライン限定なので注意!

家電量販店やショップにもPOPが展開されていますが、店頭では受付出来ないのでただの客寄せです。既存の高いプランに誘導されるので、特に量販店で話を聞く際は警戒して下さいね。

 

さて、一見するとauのpovoが一番安く見えますが、5分かけ放題が付いておらず通話は30秒あたり20円(税抜き)がかかってしまいます

5分かけ放題を別途トッピング(今までで言うとオプション)で追加可能ですが、プラス500円なのでそれを足すと横並びですね。

安く見せるために後出しでこういった仕様にしたのかと。上手いですよね。ただ通話を一切しない方には一番安くなるので、良いプランだと思います。

5分かけ放題について補足すると、毎回通話開始から5分間はどこにかけても無料というものです。毎月5分間の無料通話があるという意味ではありません。極端な話、5分おきに電話をかけ直せば何時間でも無料で話せます。

長電話はしないけど、短い通話はよくするという方にはピッタリ。ahamoとSB on LINEはこの5分かけ放題がコミコミのプランで、povoは有り無しを選べる仕様になっています。

ですので、通話を全くしない方はpovoが最安。少しはする、という方はahamoかSB on LINEを検討するのがベター。

ahamo

ahamoとSoftBank on LINE(以下、SB on LINE)はほぼほぼ同じ内容。気になるのはSB on LINEで、既存プランに残る人との家族割りが適用されるかどうか。家族割りについては後ほど詳しく説明します。

ahamoのメリットは、docomo回線=電波面での不安が少ないところでしょうか。山奥や海沿いにお住まいで、SBやauだと電波が入らないけど、docomoなら入るという方はahamoが無難。だいぶそういう地域は減った気もしますが。

また余談ですが、docomo回線はあくまで安定度が高いのであって、通信速度が速いというわけではありません。場所によってはauやソフトバンクの方が圧倒的に速いことも珍しくないので、そこだけ注意。あくまで安定度の話です。

SoftBank on LINE

docomoのahamoとほぼ同じですが、特筆すべきはLINEのギガカウントフリーLINE通話とトークではギガ(データ容量。GB。)を消費しないというものです。

ですので、ソフトバンクの電波が入り、且つ5分かけ放題が欲しい方にはSB on LINEが最もおすすめです。何故か他の方のブログやYouTuberはおすすめしていませんが、他が同条件ならカウントフリーのあるSB on LINE一択でしょう。

povo

auのpovoは、通話を全くしないという方にとっては最安となるプラン。

5分かけ放題を付けるか付けないかを選択できるのが最大のメリット。ただし付ける場合の月額料金はahamoやSB on LINEと横並びな点には注意。

他社も追随すると予想されますが、トッピングと言う名の様々なオプションを用意するとのこと。

個人的に良いなと思ったのは、「データ使い放題24時間」と言うトッピングで、1日200円でデータ通信量(ギガ)を無制限にできるという優れもの。

テザリングに対応しているので、急遽ネット回線のないところに泊まることになっても、このオプションを使えばスマホがポケットWi-Fi代わりになります。

楽天モバイル

3社のオンライン限定受付プランが発表され、最も割りを食いそうな会社。

3社と違うのは、専用アプリさえ使えば月額2980円で通話も完全かけ放題な点。電話をかなりするという方は楽天が一番安く済むかもしれません。

ただしデータ容量の方がやや面倒で、楽天エリアなら無制限、その他の場所では毎月5GBまでというのが少し不安。

楽天モバイルの楽天エリアとは楽天の基地局がある地域のことで、自分も使っていますが都心では快適に使えています。ただし、楽天エリア外だとパートナー回線エリアに切り替わり、場所によっては速度が遅いなと感じます。

電波面では最も不安が残るものの、アプリを使えばどこにでも何時間でも通話が完全かけ放題なのは楽天のメリット。他の3社は、完全かけ放題をつけようとするとプラス1500円です。それでも従来のプランよりは安いが…。

 

そもそも既存プランの家族割りがややこしいポイント

家族割りのところがややこしいので補足すると、docomoの既存プラン(ギガホなど)には家族割りがあります。SoftBankやauも同じです。

この家族割りというのが曲者で、家族間であれば24時間通話無料なのと、プランによっては月額に割引きが入るものと2種類あります(前者は別に月額に値引きが入っているわけでもないのに、家族「割り」と表記されるのでややこしい。SBとauも同じ)。

上の表にも少し記載しましたが、docomoの既存プランからahamo利用者に電話をかける場合、同じ家族グループなら通話は無料になります。

ただし、ahamo利用者から同じ家族グループのdocomo既存プラン利用者に電話をかける場合は、5分かけ放題しか適用されませんので注意。

後者の月額割引きがもっともややこしいのですが、docomo既存プラン(SB、auも同じ)は家族何人で利用しているかで毎月の割引額が決まります。

docomo利用者が2人なら500円割引、3人なら1000円割引など。

で、たとえばdocomo3人で利用していたご家族のうち、1人だけahamoに移行したらどうなるのか。

先日発表が有りましたが、docomo既存プランに残る2人に対して、ちゃんと3人分の割引が適用されるそうです。

これで安心してahamoに移行出来ますね。au、ソフトバンクは未定としていますが、他社転出を防ぐためにも追随すると予想します。

どのプランもデータ容量をそれなりに使う方向け

上記4社のプランをやめておいた方が良い方もいます。以下2点のどちらかに当てはまる方は注意。

①毎月20GBも要らないけど、通話は多少したいという方はUQモバイルワイモバイル(いわゆるサブブランド。準格安SIM。)を検討するのもあり。

②また、毎月3GB以下で収まるし、通話も全くしないという方は格安SIM(MVNOと呼ばれる会社)の方が安く済みます。

まとめ:今後の各社トッピングの内容で僕は決めます

もう一度簡単にまとめると

通話を全くしないけどデータ量は欲しい方はpovoがおすすめ。最安に出来ます。

5分かけ放題が欲しい方はahamoかSB on LINEですが、基本的にはLINEカウントフリーのあるSB on LINEがおすすめ。

ただし、海沿いや山奥にお住まいで電波の安定度に不安のある方は、消去法でahamoが無難。

データ容量を20GB以上使いたいし、通話もめちゃめちゃする。それでいて楽天エリア内にお住まいと全ての条件を満たす方なら楽天モバイルもあり。ただ主要都市以外はまだ電波面でやや不安があるのも本音。

そもそもデータ量20GBも要らない!という方は、UQモバイルとワイモバイルも検討。

データも通話もほぼ使わない方は格安SIMもあり。

という順序で切り分けて行けば、各々にとっての最良のプランが見つかるはずです。

個人的にはメインスマホはSB on LINEかahamoに乗り換えようと考えてます(サブスマホやタブレットは格安SIM)。

 

今後の各社動向次第でまた色々と変わる可能性も有りますが、ひとまずこんな感じですね!

ここまでお読み頂き、ありがとうございました。

YouTubeにてガジェットと呼ばれる電子機器のレビューや、格安SIMなど通信についての情報を発信する「おかチャンネル」も運営中です。是非遊びに来て下さいね!

https://www.youtube.com/channel/UCsQZKMz0dGhQvmotJO0uX4g

-【通信 / 格安】

Copyright© おかログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.