【ガジェット】

【RAVPower】RP-PB125 大容量のモバイルバッテリー兼、充電器

こんにちは、今回はRAVPowerのRP-PB125という、充電器兼モバイルバッテリーをレビューします。

モバイルバッテリーって、便利ですけど充電が面倒くさくないですか?

帰宅してスマホを充電ケーブルに挿し、モバイルバッテリーもケーブルに挿して…と。

今回レビューするモバイルバッテリーは、コンセントに挿すだけで充電ができ、しかもACアダプター(充電器)としても使用可能です。

実際使ってみてどうだったか、いきなり結論から。

総評:持ち運び用のモバイルバッテリーとしては6700mAhと大容量で◎。本体の充電はコンセントに挿すだけでOKなので、いちいち線で繋ぐ必要なし。万が一出先でモバイルバッテリーの充電が切れても、コンセントがあればバッテリー自体の充電もできるため、電池切れとはサヨナラ。大満足。

良かった点:モバイルバッテリーとしても、コンセントに挿す充電器としても使える。本体自体の充電もコンセントで可能。大きさも手頃で、6700mAhという容量の大きさもGOOD。

改善点:コンセントのプラグがやや引き出しにくい。

ライバル製品についてはこちらを。

【Anker PowerCore Fusion】 便利なモバイルバッテリー兼、ACアダプター

製本概要:モバイルバッテリーとしての使い勝手

RAVPower-RP-PB125-1

カラバリは白と黒が存在し、僕は白を選択。清潔感のある見た目でお気に入り。

RAVPower-RP-PB125-7

角にプラグが収納されています。引き出すのがちょっぴり大変。

これをコンセントに挿せば、本体が充電されます。

RAVPower-RP-PB125-4

充電残量を示すインジゲーターが4目盛りあり、有線で充電する用のmicroUSB端子が付いています。

スマホやタブレットなどの機器を充電する際には、下2つのUSB端子を使います。

RAVPower-RP-PB125-8

コンセントに挿せば充電できるので使わないと思いますが、一応本体充電用のmicroUSBケーブルが付属します。親切ですね。

RAVPower-RP-PB125-9

本体の充電残量はインジケーターランプで表示。

4段階ですので、1目盛りあたり25%残量があることを示します。

RAVPower-RP-PB125-2

付属品は他に、グレーのポーチが付いてきました!オシャレで可愛いデザインなので気に入ってます。こうした気遣いも好感度アップ。

RAVPower-RP-PB125-11

大きさは、iPhoneと比べるとこんな感じ。それなりにコンパクトで持ち運びに適しています。

ただし、大容量な分厚みはそこそこありますので注意。

RAVPower-RP-PB125-10

横から見るとこんな感じ。やはり白を選んで正解だった…笑

 

本体の充電とスマホの充電はどちらが優先されるの?

本体をコンセントに挿すと充電可能と言いましたが、その状態から更にUSBケーブルでスマホを接続するとどうなるか。

答えは、まずスマホから充電が始まります。

スマホの充電が終わると、自動的に本体モバイルバッテリーの充電が開始。

つまり、本製品をコンセントに挿して充電ケーブルでスマホを繋いでおけば、数時間後にはどちらも充電が完了します。

これがめっちゃ便利。

どんな人におすすめ?

RAVPower-RP-PB125-3

  • モバイルバッテリーを初めて使う方
  • コンパクトでも大容量のモバイルバッテリーを探している方
  • 充電はそれなりに知名度のあるメーカーの方が安心できる方
  • 普段モバイルバッテリー本体の充電を面倒くさいと感じている方
  • よく旅行や外出される方

以上の方に、広くおすすめできる逸品でした。

Anker社に似た製品であるPowerCore Fusionという製品がありますが、あちらより容量が大きいのもGOOD。

値段もお安めなので、ぜひ検討してみて下さいね。

それでは!今回はこの辺りで。

お読み頂き、ありがとうございました。

 

-【ガジェット】

Copyright© おかログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.