【ガジェット】

ノートパソコンやタブレットを立てかけるスタンドでデスクがスッキリ。クラムシェルモードにもおすすめ

こんにちは、おかログおかチャンネル運営のおかっちです。

最近デスクの上を整理することに凝っていて、どうにか作業スペースを広げられないか四苦八苦している。

机の上に物が多いとどうにも気が散ってしまい、仕事場としてどうなん?と感じたのがきっかけ。

で、デスクの上を見直していくと、とにかく物が多いことに気づく。ガジェットブロガーだから仕方ないんだけど、そもそもスマホやタブレットなどのデバイスが多い。

あとはM1 MacBook Airが意外と場所をとる。なので、試験的に外部ディスプレイに出力してクラムシェルモードでの運用も検討。

そこで登場するのが、ノートパソコンスタンド。それも、MacBookだけじゃなく、iPadやスマホなど複数のデバイスを縦に置けないか?という考えから行き着いた。

2週間ほど使用しているが、クラムシェルもスタンドもとても快適で、机の上もすっきりして気持ちよく執筆作業に打ち込めている。そんな便利スタンドを今回紹介していく。

chamsaler-laptop-stand-review-b

Chamsalerという謎のメーカーなんだけど、Twitterのフォロワーさんが使っていて良いなと思ったので購入。以下から詳しく見ていこう。

Chamsaler 縦置きノートパソコンスタンド(3台立て)の概要

chamsaler-laptop-stand-review-c

上から見た図。六角レンチが付属しているが、これはスタンドの幅を調節するためのもの。

chamsaler-laptop-stand-review-d

裏面。ここからレンチでスタンド部分の幅を変えられる。ほぼ全面に滑り止めが敷かれているので、接地感もOK。

chamsaler-laptop-stand-review-e

横から見るとこうなっているんだけど、ノートパソコンやタブレットを3台プラスα縦に置くことができる。一番右は溝が浅くなっているおまけスペースで、俺はスマホを立てかけている。実質4台以上のデバイスを収納できるのは便利。

真ん中に3つ溝があるが、左右の2つは幅を調整可能。真ん中の1つは残念ながら調整不可。

サイズはタテ・ヨコが15cm×14cm、高さが4.7cm(公称)。想像以上に小さく省スペース。

アルミ素材だが、スタンド部にはシリコンゴムが備え付けられていて、PCやタブレットを傷から守ってくれる。

カラーもグレー・ブラック・シルバーと豊富で、俺は悩んだ末にグレーを購入(シルバーと迷った)。

Chamsaler 縦置きノートパソコンスタンド(3台立て)のメリット

これはもちろん、デスクの作業スペースにかなりの余裕ができる点。

これまでBoYaTaのPCスタンドにMacBookを置いて作業していたんだけど、Boyataのスタンドを別の机で使いたい・メインの作業デスクはすっきりさせて広々と使いたい・クラムシェルモードにメインの環境を戻したい、の3つの理由で今回Chamsalerのスタンドを採用した。

chamsaler-laptop-stand-review-a

結果がこれ。奥からM1 MacBook Air、iPad Pro、iPad mini、Xiaomiのスマホになっている。

さっき真ん中の溝は幅の調節ができないって言ったんだけど、smart keyboard folioを装着したiPad Proがピッタリ収まった。幅は約1.8cm

chamsaler-laptop-stand-review-f

画像で言うと一番左の溝だが、こちらは幅を調節できるけども無調節でMacBookが綺麗にハマった。真ん中よりも、左右の溝の方がほんの少し広めに作られている。

これによってスマホを含めて一気に4台のデバイスを縦置きできたので、デスクの上がすっきり。

chamsaler-laptop-stand-review-g

メインスペースはMiwaxのデスクマット、Magic Keyboard、Magic Trackpad、SatechiのM1マウス、リストレストを置いても、奥にゆとりができた。

デスク右側にはサーモスのタンブラー山崎実業のコースターを置いたり、ロジクールのトラックボールマウスなんかを雑多に置いてもまだゆとりがある。広いって素晴らしい…。

chamsaler-laptop-stand-review-h

理想の作業環境にまた一歩近づくことができた。写真の左端を見てほしいんだけど、Chamsalerのスタンド自体かなり省スペースなのが伝わるだろうか。

他にも良いところを列挙すると、アルミ製でApple製品との見た目の相性がいいシリコンゴムでデバイスに傷を付けない左右の2つの幅はレンチで広げることが可能と、価格以上の満足度。

最近紹介したSatechiのM1マウスもそうだが、アルミ製で高級感のあるデザインなのに、2000〜3000円ほどで買えるとお得感が強い。

ちなみに、実は2台置きバージョンもある。価格差は550円ほど。

Chamsaler 縦置きノートパソコンスタンド(3台立て)のよくないところ

基本的に満足して紹介していることがほとんどだから、あまり悪いところはないんだけど1つめっちゃモヤッとした点がある。

アルミ削り出し製品あるあるかもしれないが、0.5ミリほどの欠けが最初からあったのだ。

chamsaler-laptop-stand-review-i

画像の真ん中あたりに丸く光っているところがあると思う(どう頑張ってもピントが合わなかった)。

今でこそ気になっていないんだけど、最初からほんの少しとはいえ欠けがあるのは気になった。俺が神経質すぎるのかもしれないけど、せっかく物としてはめちゃめちゃ満足しているし今後も使っていく予定だからこそ、細かな配慮(検品)は徹底してほしい。この点は今後に期待。

とはいえTwitterで紹介していた方のものは綺麗だったし、俺のやつも今冷静に見るとほぼほぼ気にならない。ただ、第一印象は悪かった(笑)

他に改善してほしい点を挙げると、カラバリかな。3色ある時点で充分なんだけど、欲を言えばゴールドが欲しかった。ごめん、これは完全に金色好きの俺のワガママだ。

まとめ 見た目よし、利便性よし、コスパよしのおすすめ収納スタンド

わりと厳しめにレビューしてきたけど、全体的な満足度は高い。iPadの置き場所には結構困っていたから、利便性の面からもとても助かっている。

なによりカッコよくMacBookを縦置きして、クラムシェルモードで運用可能なのは良い。デスクを広々使えるから、気持ちが晴れ晴れして作業に集中できてる(気がする)。

収納としても、クラムシェル用としてもおすすめできる、良い製品だった。検品だけは入念に行ってほしい。でも満足してるから良し。

3台置き

2台置き

okablog63-top
ガジェットとは?gadgetって何?ガジェットYouTuber兼ブロガーがおすすめ品と共に解説!

みなさんこんにちは、おかチャンネル・おかっちゲームズというYouTubeチャンネルと、当ブログ「おかログ」を運営しているおかっちです。 最近「ガジェット」(gadget)という言葉をよく耳にしませんか ...

続きを見る

-【ガジェット】

Copyright© おかログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.