【ガジェット】

【Quntis】デスクや手元を明るくするモニターライト・バーライト【賃貸の部屋が暗い人へ】

うちの賃貸はとにかく部屋が暗い。電気が古いタイプ?なのか分からないが、蛍光灯を新しくしてもとにかく暗い。

作業用・仕事用のデスクって、部屋の端に置くことが多いんじゃないだろうか。それも相まって、とにかく作業デスクが暗くて目が疲れる。

そこで色々改善方法を調べていくと、モニターライト(バーライト・スクリーンライト)という、モニターの上につけるタイプのLEDライトを発見。

ただ、検索で上に出てくるBenQというメーカーのものは高い。そこで、安くて評判の良いモニターライトを探してQuntisというメーカーのを見つけたので、今回はそちらのレビューをしていく。

半年以上使ってみて、手元の暗さは改善されたし、値段も安いのでモニターライトを検討している方はぜひ参考にしてほしい。

サクッと結論

手元が暗い問題は無事解決。正面からモニターを見た時に、LEDライトが目に入らないのも高評価。色味を変えたり、明るさも細かく変えられる。挟み込むタイプなので設置が楽なのと、モニターの厚さが薄いものから厚いものまで対応できるのも良い。価格以上の満足度。

一方で改善してほしい点は、離れた位置からリモコン操作ができない点。電源ケーブルに付いているリモコンで操作することになる。

Quntisのモニターライト:スペックや特徴

quntis-monitor-light-review-a

安価な製品とは思えない、しっかりとした外箱。

quntis-monitor-light-review-b

中身はシンプルで、操作するためのリモコンが付いたUSB電源ケーブルと、モニターライト本体はケーブルで繋がっている。画像上の台形のパーツは、モニターにライト本体を装着するためのもの。

スペックまとめ

輝度(明るさ)は10段階に調節可能。

光の色味は3種類。昼白色(6000K)・昼光色(4000K)・電球色(3000K)で、それぞれ白・中間・オレンジっぽい自然な色味

モニターの厚さは3cmまで対応。曲面ディスプレイには使用できないとのこと

ライト本体は真下から、斜め上165度まで角度を変えられる。

支えとなるパーツは以下の画像のような感じ。

quntis-monitor-light-review-c

右のハサミのようなところにライトをはめ込むだけ。ちなみに、真上近くまで上にあげることができる。

quntis-monitor-light-review-d

こうするとライトが真正面を向く(果たしてライトを正面に向けて使うのか、という疑問を抱くが…笑)。

では、半年以上実際に使ってみて感じた、良い点と残念だった点について書いていく。

Quntisのモニターライトで改善してほしいところ・デメリット

今回はまず改善してほしい・残念だった点から。

さっきも言った通り、角度調節ができるのは良いことなんだけど、正面や上に向けるメリットがない(笑)

俺は手元デスク自体を明るく照らしてほしいから、真下の角度に固定して使っている。角度を変えることは、ない。

あとはやっぱり、離れた位置からでも電源のオンオフができるリモコンがあれば最高だった。リモコン付きのモニターライトなんて他社製のでも全く見かけないから、そういうものなんだろうけど。

quntis-monitor-light-review-e

電源ケーブルに付いているコントローラー。明るさと光の色味を変えたり、電源のオンオフはこれで行う。

最後に強いて言うなら、さらに明るさを強められれば良かったかも。充分明るいんだけど、あまりにもうちの賃貸が暗すぎるからか、使い始めの頃はもっと明るければ最高だなとは思っていた。いや充分なんだけどね。

Quntisのモニターライトのメリット・使いやすい点

次はメリットや良かった点。正直こっちのが圧倒的。

quntis-monitor-light-review-f

横から見た図。前後に引っ張ると伸びて、そこにモニターを挟むだけで設置は終わり。

quntis-monitor-light-review-h

結構開くため、厚めのモニターにも装着可能。ただし、3cmを超える幅のものや、曲面ディスプレイは使えないとのことなので注意。

まずはライトを消した時のうちのデスク。

quntis-monitor-light-review-g

かなり暗いでしょ?特にキーボード周辺のメインスペースが絶望的に暗い。

quntis-monitor-light-review-i

↑アップにするとこう。デスクやデスクマットが黒いのもあって、余計に暗く感じる。

quntis-monitor-light-review-j

↑の画像は、昼白色明るさマックスの状態。だいぶ明るくなったのが伝わるだろうか?手前のデスクエクステンダーまで光が届いているのも良し!

quntis-monitor-light-review-k

電球色に切り替えるとこんな感じで、暖かいオレンジのような光で照らしてくれる。中間の色味と合わせて3色切り替えられるので、自分が最も落ち着く色味を選択できる。

おそらく一般的には電球色を選ぶ人が多いと思うんだけど、俺は昼白色(真っ白)で使うことがほとんど。より明るく感じるのと、色味自体も白っぽい方が集中できるからそうしている。この辺りは好みかな。

Quntisのモニターライト総評:劇的に改善。おすすめだが、3cm以上のモニターなら他のものを

結論として、自室のデスク暗い問題は大幅に改善された。俺はさらに明るくしたいからデスクライトも別で購入しているが、作業環境(マウスやキーボードなど)を明るくしたいならQuntisのモニターライトだけで良さそう。

quntis-monitor-light-review-l

引きで撮影してみたが、モニターの真下から手前まで意外と広範囲を明るく照らしてくれる

モニターライト(スクリーンライト)は需要がニッチなのか分からないが、やたらと高い。大抵6000円以上するし、そもそも種類も少ない。

そんな中Quntisの製品はそれらの半額以下で、性能的にも申し分ない。有り体な表現だが、ひっじょーに満足している。見た目が安っぽくないのも凄い。

賃貸・一軒家問わず、自室のデスク周りが暗くて困っている方には、とてもおすすめできる逸品だった。

-【ガジェット】

Copyright© おかログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.