おかブログ

早大卒・現役販売員の副業ブロガーおかっちが、就活・転職情報や、スマホ情報・ガジェット類のレビューを行っています。

【仕事 / 転職】

【20代後半】アラサーで転職した僕が苦労したこと【悩み・辛い就活】

こんにちは、おかっちです。

転職で年収2倍アップを達成した僕ですが、転職活動当時は大いに苦労しました。

今回の記事は、自身の体験を元に転職で苦労したことを挙げ、それをどう乗り越えたかについてです。

これから転職活動や就活を控える方の参考になればと思います。

※後半ではほんの少し、転職・就活でのコツにも触れています。

未経験・年齢がネックに!

転職エージェントの方にご相談した際、やはりネックになったのは20代半という年齢でした。

恐らく異業種でなければそこまで苦労しないんですが

僕の場合は、教育業界から他業界の異業種を希望しました。

そのため20代後半で、なおかつ未経験・無資格の業界を希望したため、まぁこれが書類選考で落とされる落とされる(笑)

これは普通にキツかったですね…。

いわゆる新卒カードが無くなると、未経験の職種に転向するのがこんなに難しいとは…。

また、教員免許は持っていますが、塾の講師をしていたので営業の経験もなければ、事務職や企画職の経験もない。教育以外何もない。

そこら辺をクリアしていくのが大変でした…。

事実なら「盛る」のは問題なし!

そこで上記のネックをどう乗り越えたかですが

塾講師=サービス業という、曖昧さを逆手に取りました!

というのも、塾講師って何も授業をするだけじゃないんですよね。

授業で使うプリントの管理はもちろん、日報だって書きますし、上司への報告物もあります。

生徒の学習進捗を上司や親御様にも説明する必要があるので

「目標に向かって逆算して計画を立てる」ことが得意だと、職務経歴書でアピールしまくりました。

授業計画書というニッチなものを、抽象化して「要は目標達成が得意なんですよ私は!」とアピールした訳ですね(笑)

ただここで言いたいのは、真実なら盛るのは何も悪いことじゃない、ということ。

面接でいざそのことを突っ込まれても、嘘じゃないのでしっかり理路整然と説明することができ、アピールポイントにすることができました。

この辺りの自己分析は、エージェントの方に手伝って頂きました。

(余談ですが、1番お世話になった方が新垣結衣さんをセクシーにした感じの方で、勝手にモチベーションが上がりましたね 笑)

年齢がネックなら、チャレンジ意欲をアピール!

年齢だけでなく未経験というネックにも言えることですが

チャレンジ意欲が高いことをアピールするのは、シンプルに面接者に刺さりました。

実際に面接ないであったやり取りなんですが

「やったことないのに、怖くないんですか?」と、少し意地悪な質問をされました。

「確かに従事したことのない業界ですが、◯◯さん(面接担当の方)の仰ったお店作りを企画し、売り上げアップを目指すという業務内容に、大変ワクワクしています!」

と答えました。

今思い返すと色々と拙くて恥ずかしい返しなんですが、本当に思って言ったことは案外相手に刺さります。

僕は当時、本気で面接官の言う業務内容にワクワクしたので、それをそのままお伝えしました。

結果としてその会社は合格し、エージェントの方から「◯◯さん(僕の本名)の熱意が伝わった」という旨のフィードバックを頂きました。

もちろん面接官とのやり取りは論理的に、結論から話すことを心がけましたが、最後はポジティブな本心も伝えることが大事です。

面接では言葉遣いよりも分かりやすさを!

また、面接ではとにかく分かりやすさに拘りましょう。

言葉遣いやマナーばかりに気を配っていると、硬くなって言いたいことを正確に伝えられないってことありませんか?

自分は正にそのタイプで、エージェントの方にも注意をされました。

それ以来吹っ切ることにして、とにかく端的に結論から言う。

その後に面接官から質問が来る、または数秒間の間が空いたら「その結論の理由を述べる」ことを心がけました。

ここで注意するべきなのは、面接官から質問が来なくて、且つ話題が変わった場合は理由を述べなくてOK。

なぜなら、面接官はもうその話題への興味を失ったからです(厳しい言い方ですが…)

ですので、よほどのことがない限りは何も言わなくてOK。

この辺りは直接エージェントの方を頼るのがいいと思います。

無料で利用できますし、合わないと思ったら即切ることもできるので。

【就職サイト】求人サイトと就職エージェントの違い【転職エージェント】

デートの準備をするように、面接も準備するべし

急に何言ってんの?と思われそうですが、考えてみて下さい。

デート前に、相手の好きなものや場所をリサーチしませんか?

それと同じように興味のある相手(=会社)の、求める人材を必死に考えましょう。

僕は当時こういう基礎のところを理解できていなくて、あるエージェントの方には「やる気あるの?」と厳しいことを言われてしまいました…。

ただその方は、僕の書いた職務経歴書や志望動機を毎回細かく添削して下さり、やっとの思いで書いた経歴書に対しては「頑張ったじゃん」と温かい言葉をかけてくれました。

仕事とはいえ、そこまで厳しくも親身に指導してくださったエージェントの方には、今でも頭が上がりません。

「やる気あるの?」と言われた日から、興味のある会社についてはひたすら調べ上げてノートを作りました。

ベタですがおすすめなのが、社訓を理解してそれに沿った志望動機を練ることです。

何故なら、その工程を要らないと考える面接官はいないからです。

デートコースを考える時のように、まずは相手(=会社)の好み(=社訓・ビジョン)を把握する。

それに沿ったデートコース(志望理由・志望動機)を考えれば、大きく外すということは無くなります。

イタリアン好きの女性で「イタリアン好きだったよね?予約しておいたよ」と言われ、わざわざ嫌な顔をする人はいません(お店のセンスにも寄りますが 笑)。

是非それと同じように、志望動機や面接でアピールする内容を考えてみて下さい。

現状に不満や不安のある人にこそ、チャレンジしてほしい

エージェントの方の親身ゆえの辛辣な言葉や、選考落ちで落ち込むこともありました。

ですがそれ以上に、論理的思考力やプレゼン慣れなど、身につくスキルも多かった。

仮に転職をしなかったとしても、転職活動自体の中で得るものがあったので、結果としてはチャレンジして良かったと感じています。

収入アップに繋がったので、そう感じるのも当たり前なのですが…。

とにかく僕がお伝えしたかったのは

現状に不満や不安のある方は、一歩踏み出す勇気を持って下さい。

ということ。

収入が倍増してからは、大好きなアップル製品やガジェットを前以上に買うことができたり

精神的に余裕ができたからか、趣味のゲームにも没頭できるようになりました。将来への焦りや不安が減ったんだと思います。

今現在、職場での人間関係に悩んでいる方や、漠然と将来に不安のある方は、転職サイトを見るだけでも良いかもしれません。無料で使えますしね。

実際に転職するかどうかは別にして、今以外の選択肢を知っておく、のはアリだと思ってます。返って今の職場が合っていると分かる場合もありますしね。

長くなってしまいましたが、今回はこの辺りで。

お読み頂き、ありがとうございました!

-【仕事 / 転職】

Copyright© おかブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.